韓国留学の一日

韓国、留学についてのブログです

学費送金~ハナ銀行~

こんばんは。
北朝鮮情勢と卒論との兼ね合いで遅くなりましたが、本日学費を送金しました。
レートがどんどん悪くなっていったのでもっと早く送ればよかったかもしれません・・・。
とりあえず、今回の送金について持ち物や計算など書いていきたいと思います。

今回の送金情報
・1350000ウォン(学費+登録料)
ハナ銀行


まず、語学堂の口座がどこなのか、自分の家の近くに韓国の銀行があるか、ということから調べ始めました。
定期内にハナ銀行の東京支店があったのでそこでしましたが、近くに無い場合はエクスパロがいいのかなと思います。

ハナ銀行送金に必要なもの
マイナンバー(通知カード、マイナンバーカード)
・写真つき身分証明書
・現金(学費など+手数料(日本側と韓国側))
・【重要】学校からの学費請求の書類
→私は英文のadmission notice を印刷して持っていきました

送金額計算
(学費など+韓国側銀行手数料)×送金レート➗100+ハナ銀行手数料(【要確認】3000円)

韓国側銀行手数料が10000ウォンだと言われたので1360000ウォン×10.67➗100に3000円足しました。
韓国側の銀行が他行になるとまた手数料がたくさんかかるかと思います。
合計14万8千112円かかりました。

ちなみにエクスパロで送金シミュレーションした場合、15万1千190円となりましたので2700円円くらいはお得かなと思います。
あとは銀行への交通費や労力を考えて選ばれるといいかと思います。

ハナ銀行は韓国人のお客さんが多いので韓国語がバリバリ聞こえてきますよ~。
配置とか椅子とか韓国っぽいので、余裕のある方はぜひいってみてください。
日本語ももちろん通じます!
一応外国送金申請書がおいてあるんですが、送金額が手数料によって変わるので窓口に案内されてから書いた方が書き直しにならないかと思います。

これから送金される方、頑張ってです!